下町の町中華である生駒軒で飲み食いをする@梶原

2021年1月某日の18時過ぎに訪ねた。

都電荒川線の梶原駅から徒歩1,2分ほどの場所にある中華料理店「生駒軒」。

生駒軒

それほど広くない店内には先客なし。

カウンター席に1人で座り「ビール」¥550を注文する。

キリンラガーの大瓶がやって来る。

ビール ¥550

ビールには漬物が付くらしい。

ビール ¥550 に付く漬物

ビールで喉を潤し、つまみとして「野菜炒め」¥500を注文。

5分ほど待って提供される。たっぷりの野菜に切ったナルトと少量の豚肉が入った野菜炒め。キャベツともやしのシャキシャキした食感が心地好い。若干油っぽさを感じるが、中華料理店らしい野菜炒めのクオリティ。ビールのアテには良い。

野菜炒め ¥500

野菜炒めとビールを楽しんだ後は「ラーメン」¥550を注文。

5分と経たずに提供されるラーメンは王道の醤油ラーメン。少量の刻みネギに硬めのチャーシュー、メンマ、海苔、ナルトが入っている。麺は若干柔らかいが細さは良い感じ。鶏ガラベースのスープは懐かしい味わい。郷愁のラーメンを堪能。

ラーメン ¥550

町中華らしい野菜炒めとラーメンを楽しんだ。劇的に美味しい中華料理では無いが、落ち着く味。

飲食店の経営が大変な世の中ではあるが、是非長く続けてもらいたい「生駒軒」。時折足を運んでメニューの開拓をしたいと思う店であった。

生駒軒 ラーメン / 梶原駅荒川車庫前駅上中里駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3