天草大王なる地鶏を堪能@駒込

2019年4月某日の20時頃に訪ねた。

駒込駅を出て徒歩3分ほどの場所にある「料理屋 とり匠 駒込店」。

料理屋 とり匠 駒込店

雰囲気の良い店内には先客5,6名。

テーブル席に2人で座る。

ランチで利用した際に好印象であったのでディナーで使ってみた。

「鶏コース」なる炭焼きの鶏が楽しめるコースがあったのでそちらをチョイス。値段は3,500円。

生ビール ¥650

生ビールを飲みながら料理を待つ。

前菜盛合せ

まずは「前菜盛合せ」がやってくる。5種の小鉢料理が美しく盛り込まれている。野菜と魚を味わえる。スモークサーモンとクリームチーズを合わせた小鉢が中々美味しい。

レバーパテとプルーン
鬼おろし

その後に「レバーパテとプルーン」。少量なので炭焼きへの期待が高まる構成。

ささみ

ささみ:わさびと共に提供されるささみ。ジューシーでこの後の串が楽しみになる一品。

砂肝

砂肝:コリコリ感が抜群。臭みも無く食べ応えのある砂肝。

もも肉

もも肉:天草大王なる地鶏のもも肉。このコースの全ての串が天草大王では無いようだが、鶏肉の旨味がしっかり感じられて非常に良い味。

ハツ

ハツ:今まで人生で食べたハツとは異なる。串へのハツの刺し方だろうか。独特な食感と旨味を醸し出す一品。

手羽先

手羽先:こちらも良くある骨が付いた手羽先とは異なる。繊細な味わいながら、手羽の良い味わいを感じさせる。

蕪、牛蒡、有精卵

蕪、牛蒡、有精卵:箸休め的に蕪、牛蒡、有精卵がやってくる。ほんのり酸味を感じる程度の酢漬けがなされた蕪と牛蒡は非常に美味しい。

スナップえんどう

スナップえんどう:食感が良い。季節の野菜の炭焼きを挟んでくれるのは非常に嬉しい。

レバー

レバー:こちらも天草大王であったか。タレで味わうレバー。柔らかく質の高い一品。

つくね

つくね:こちら、やや細い感じのあるつくねだが旨味凝縮されていて良い味。

焼きリンゴ

焼きリンゴ:最後にやってくる焼きリンゴ。デザートを串で提供するニクイ演出。仄かに香るシナモンが良い感じ。

菊正宗 純米 香醸 一合 ¥900

日本酒のバリエーションも豊富で鶏料理と酒の組み合わせも楽しめる。この日は「菊正宗 純米 香醸 一合」¥900をチョイスしたが、無難にマッチしていた。

個人的には雰囲気が非常に気に入っている店。トイレもなんだか落ち着いて利用してしまう。

コースに酒を合わせて一人5,000円程度ならばお得ではなかろうか。オススメできる店。

料理屋 とり匠 駒込店鳥料理 / 駒込駅千石駅巣鴨駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9