赤鬼で酒を飲みつつお好み焼きを味わう@池袋

2020年11月某日の17時過ぎに訪ねた。

池袋駅を出て徒歩3分ほどの場所にあるお好み焼き店「赤鬼 池袋店」。

赤鬼 池袋店

広い店内には先客なし。

カウンター席に1人で座りお一人様限定セットなるものから「Aセット」¥980を注文。ハーフのお好み焼きに単品2品が付くというもの。

飲み物は「生中」¥500をお願いした。スーパードライで喉を潤しつつ料理を待つ。

生中 ¥500

まずはセットの「うずらの卵醤油漬け」がやって来る。ちょっと味付けは濃い。酒は進むが、塩分がどうにも気になる。

Aセット ¥980 のうずらの卵醤油漬け

次いでセットの「冷奴」。豆腐とネギ、生姜、カツオ節を合わせて醤油で食べる。至ってシンプルなスタイル。

Aセット ¥980 の冷奴

つまみの後には「肉玉そばハーフ」が提供される。ネギはかかっていないシンプルな広島風お好み焼き。コテで刻みながら味わう。オタフクソースとマヨネーズを使ってちょっとずつ味を足しながら満喫。悪くないクオリティ。

Aセット ¥980 の肉玉そばハーフ

ビールから「強炭酸ハイボール」¥480に切り替えてお好み焼きを楽しむ。ハイボールとお好み焼きの相性も抜群に良い。

強炭酸ハイボール ¥480

一人飲みセットでお得に楽しむことが出来た「赤鬼」。仲間同士でワイワイやっても楽しく過ごせそうな広々とした店であった。

赤鬼 池袋店お好み焼き / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3