上野 榮でおまかせをお願いする@上野御徒町

2020年11月某日の19時過ぎに訪ねた。

上野御徒町駅を出て徒歩1分ほどのビル12Fにある鮨店「上野 榮」。

予約していた旨を伝え2人でカウンター席に座る。

それほど広くない店内は7割方客で埋まっていた。

まずは「サッポロ エビスマイスター」¥1,000で喉を潤す。

サッポロ エビスマイスター ¥1,000

12,000円のおまかせコースをお願いしていたので、料理が提供されるのを待つ。

あさりと松茸の土瓶蒸し:松茸の香りが高い土瓶蒸し。スープを味わい、最後に松茸を楽しむ。あさりの風味も効いている。

あさりと松茸の土瓶蒸し

中トロ:握りはまず中トロから。赤酢のシャリで食べる中トロ。脂の感じと酢飯の酸味が良いバランス。

中トロ

平目:昆布〆の平目の握り。程好い歯応えの握りを味わう。アッサリとしながらも旨味を感じる平目。

平目

小肌:シンプルな小肌の握り。〆加減の程好い小肌をしっかり楽しむ。スッキリとした後味の小肌の握り。

小肌

あん肝味噌ペースト:酒のつまみとしてはちょうど良いあん肝。ビールから日本酒「豊盃 特別純米」に切り替えて楽しむ。あん肝のペーストは面白い味ではあるが、普通のあん肝の方が好みではある。

あん肝味噌ペースト
豊盃 特別純米

まぐろ顎肉ねぎま:大根おろしとすだちを添えたまぐろ顎肉のねぎま。ここで串焼きが入るのは良い構成。

まぐろ顎肉ねぎま

すみいか:食感の心地好いすみいかの握り。シンプルないかの握りだがちゃんと美味しい。

すみいか

鰹のたたき:薬味を巻いた鰹のたたき。巻き寿司のように食べるスタイルで楽しむ。日本酒のアテには非常に良い。

鰹のたたき

雲丹:旨味を感じる雲丹とパリッとした海苔のバランスが非常に良い。シンプルな雲丹の軍艦がうれしい。

雲丹

茶碗蒸し:もずくを合わせた茶碗蒸し。オーソドックスな茶碗蒸しとは異なる味わいで非常に面白い。日本酒を「三十六人衆 純米」に切り替えて楽しむ。

茶碗蒸し
三十六人衆 純米

いくらの小丼:ゆずの香りが仄かに漂ういくらの小丼。弾けるいくらの食感が心地好い。味付けがそれほど濃くないのも良い。

いくらの小丼

〆鯖:程好く脂の乗った〆鯖の握り。実に良い味わいで素晴らしいクオリティ。満足の〆鯖。

〆鯖

里芋、姫サザエ、すじこ:酒のつまみ的な盛り合わせがやって来る。姫サザエが程好い味付けで、日本酒との相性が抜群に良い。すじこもたまに食べると良い感じ。

里芋、姫サザエ、すじこ

とろたく巻:滑らかでまろやかなとろたく巻。程好いサイズ感でちょうど良い。食べ応えもほどほどにある。

とろたく巻

鮪赤身:シンプルな鮪の赤身の握り。色も味も申し分ない。誰が食べても美味しいと感じる握り。

鮪赤身

金目鯛:旨味をしっかり感じる金目鯛の握り。日本酒から「生レモンサワー」¥700に切り替えて寿司と共にを楽しむ。

金目鯛
生レモンサワー ¥700

大トロの炙り:見事な大トロを軽く炙って程好い脂を感じる握り。滑らかで美味しい。

大トロの炙り

かんぴょう巻:終盤に出てくるかんぴょう巻は程好い甘さと歯応え。良い塩梅の巻き寿司を楽しむ。

かんぴょう巻

玉子:表面をカリカリにした玉子焼き。ケーキのような味わいで甘みのある玉子を楽しむ。

玉子

あら汁:あらでダシを取った味噌汁。程好い旨味で、ワカメの食感も心地好い。落ち着く味。

あら汁

べったら漬け:あら汁の後にべったら漬けが提供される。ほんのり甘くて美味しいべったら漬け。たまに食べると良い。

べったら漬け

水菓子:白玉だんごとあんこの組み合わせ。程好い甘みの水菓子を最後に楽しむ。

水菓子

程好くつまみと寿司が食べられるコースであった。

他に変な客も居ないので落ち着いて食べられた。

接客に関しては、わさび抜きのリクエストを出してあった同行者の握りにわさび入りの握りが入っていた等、気が利いているとは言い難い部分があったが、無難に美味しく食べられる「上野 榮」であった。

上野 榮寿司 / 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6