ややチープな印象の中華美食府のよだれ鶏@田端

2020年11月某日の11時過ぎに訪ねた。

田端駅を出て徒歩3,4分ほどの場所にある中華料理店「中華美食府」。

中華美食府

程好い広さの店内には先客1名。

日本語の危うい中国人店員さんに「よだれ鶏定食」¥880を注文。

10分ほど待って提供される。

よだれ鶏定食 ¥880

茹で鶏にタレと落花生、ネギ、茹でもやしを合わせたよだれ鶏にライス、スープ、ザーサイ、デザートの組み合わせ。

この店のよだれ鶏はチープな感じに仕上がっている。鶏肉のジューシーさが足りない。ラー油の辛さは程好いが、茹でもやしで水っぽさが出ている感じも惜しい。

よだれ鶏定食 ¥880 のよだれ鶏

ご飯のおかずとしては程好い塩加減のよだれ鶏を食べ進め、アッサリとしたスープも時折味わう。

痺れるほどの辛さではないのでもっと花椒とを効かせても良いと思う。風味の物足りなさもありながらよだれ鶏定食を完食する。

ボリューム的には程好い感じ。ただ、料理のクオリティを考えると880円という値段設定は高い印象。

食べている間に女性店員がやって来た。日本語がちゃんと喋れる店員が居ないタイミングに訪ねると不安になってしまうかも。

メニューのバリエーションが豊富なので試し甲斐はある店。

中華美食府中華料理 / 田端駅西日暮里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2