塩気強めの中華料理を食べる@笹塚

2019年2月某日の12時過ぎに訪ねた。

笹塚駅から徒歩3分ほど。甲州街道沿いにある中華料理店「代一元 笹塚店」。

代一元 笹塚店

それほど広くない店内は8割方客で埋まっていた。

カウンター席に1人で座り「天津飯」¥700を注文。

店主が調理をして女将さんが調理補助をするスタイル。

7,8分ほど待って提供される。


天津飯 ¥700

炒めたカニ玉に茶色の餡がかかっている独特なスタイルの天津飯。

一口食べてビックリ。塩気が異常に強い。

カニ玉のクオリティは悪くないのだが、餡の塩気がおかしなことになっている。米を多めにレンゲに取って、カニ玉と少量の餡で天津飯を食べ進める。

天津飯 ¥700

天津飯に付く中華スープはちょうど良いB級クオリティのスープ。ただ、天津飯が塩辛過ぎて中華スープを飲んでも健康を気にしてしまう。

兎に角、塩気を気にしつつカニ玉とライスを完食する。餡はたっぷり残す。

ボリューム的には満足出来た。ただ、健康的には不安が残る。

流石に適度な味付けをしないと満足度は高まらない。値段は控えめであったのに、惜しい天津飯だった。

肉体労働の男性客が多かったが、この店は塩気を求める客に好まれる店なのであろう。

代一元 笹塚店ラーメン / 笹塚駅代田橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0