雰囲気の良いMADUREZでカジュアルスパニッシュを楽しむ@永田町

2020年11月のとある土曜日の19時頃に訪ねた。

永田町駅を出て徒歩2分ほど。平河町森タワー内にある「MADUREZ」。

MADUREZ

テラス席もあり、かなり大箱のレストラン。

この日は3割程度客で埋まっていた。

店内のテーブル席に2人で座る。

飲み物は「特製サングリア ロッソ(カラフェ)」¥2,200を注文。程好い酸味と甘みが心地好いサングリア。酒がすすんでしまう。

特製サングリア ロッソ(カラフェ) ¥2,200

お通しとしてパンと燻製の香りがするバターの組み合わせ。クリームの入ったバターが見事なクオリティ。実に美味しい。

お通し

ウニのプリン ¥680×2:ウニの殻に入っているウニのプリン。まろやかで仄かに甘みを感じる。ウニがちょこっと盛られているがもう少し欲しいところ。

ウニのプリン ¥680×2

ラムチョップ(オリジナル”パプリカ&オレンジ”、香草バター) ¥860×2:味付けが選べるラムチョップ。オリジナルソースと香草バターでお願いしたが、どちらも良い味であった。オリジナルのソースはスッキリとした甘みが心地好い。ラム肉がちょっと柔らかすぎる感じが気にはなったが、値段なりの満足感はある。

ラムチョップ(オリジナル”パプリカ&オレンジ”、香草バター) ¥860×2

MADUREZ’s 5種の前菜盛り合わせ ¥1,480:前菜盛り合わせが何故かメインのラムチョップの後にやって来た。レバーペーストが程好い甘みがあって美味しい。バランスの良い盛り合わせで満足感はある。

MADUREZ’s 5種の前菜盛り合わせ ¥1,480

店内は照明が暗めで雰囲気の良い店ではある。席の間隔は程好く悪くない環境。

スパニッシュとイタリアンを展開していてそれなりのクオリティの料理が程好い値段で食べられる。ある意味使い勝手の良いレストランであった。

MADUREZイタリアン / 永田町駅赤坂見附駅半蔵門駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5