つまみのバリエーションが物足りない呑べえ@日暮里

2020年10月のとある土曜日の18時過ぎに訪ねた。

日暮里駅を出てすぐのステーションポートタワー3Fにある「立ち呑み 呑べえ」。

立ち呑み 呑べえ

広々とした店内には先客1名のみ。

店内の真ん中あたりの立ち飲みカウンターに陣取る。

「生ビール」¥440を注文。キャッシュオンデリバリーで支払う。

生ビール ¥440

壁に貼っていあるメニューを眺めて注文する。刺身などの生ものを置いていないようである。バリエーションはイマイチ。

ジャコ天 ¥300:ジャコ天を炙ったものにおろし生姜が添えられている。醤油を少し垂らして食べる。酒のアテには良い塩梅。

ジャコ天 ¥300

春巻 ¥300:大きめの春巻が2本やってくる。熱々の餡を警戒しながら味わう。オーソドックスな味。冷凍の春巻を揚げたものだろうか。ビールから「ホッピー セット(黒)」¥380切り替えて飲む。

春巻 ¥300
ホッピー セット(黒) ¥380

焼とり ¥350:長方形の皿に短めの焼とりが2本乗っている「焼とり」。甘めのタレとジューシーな鶏肉が良い組み合わせではあった。ジャンクな焼とりだが、ホッピーにはよく合う。

焼とり ¥350

基本的に安く飲み食い出来る立ち飲み居酒屋。料理のクオリティを求めてはいけない。酒を2杯飲み、つまみを数品食べてサクッと帰るのがマナーだろう。

立ち呑み呑べえ立ち飲み居酒屋・バー / 日暮里駅西日暮里駅三河島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2