街の蕎麦屋でとろろ&蕎麦を食べる@駒込

2019年4月のとある土曜日の12時前に訪ねた。

駒込駅を出て徒歩5,6分ほど。アザレア通りを抜けた所にある「蕎麦処 小松庵」。

蕎麦処 小松庵

店内は7割方客で埋まっていた。昼から酒を飲みつつ蕎麦とつまみを楽しんでいる客もちらほら。基本的に地元民で占められていた。

テーブル席に1人で座り「とろろ定食」¥900を注文。蕎麦は冷たいものと温かいものを選べるので、冷たい蕎麦をリクエスト。

7,8分ほど待って提供される。

とろろ定食 ¥900

蕎麦、ご飯、味噌汁、漬物にとろろが付いてくる。

まず、器に入ったつゆを蕎麦に投入してから薬味を乗せて食べる。


とろろ定食 ¥900 の蕎麦

クオリティはそれなり。蕎麦の風味はそれほど感じない。食べやすい蕎麦であるが、歯応えが物足りないような印象はあった。

次いで、とろろに醤油を垂らして少しかき混ぜてから、ご飯にかけて食べる。とろろご飯に漬物を合わせて堪能。とろろの量がもうちょっとあると嬉しいかも。

とろろ定食 ¥900 のとろろ

そばにもとろろを合わせてとろろそばとしても楽しめる。ある意味ハイブリッドな定食ではあった「とろろ定食」。

比較的高齢のお客さんが多いので、それほどボリュームが必要無いのだろう。個人的にはやや物足りなさを感じるそば定食ではあった。

蕎麦処 小松庵そば(蕎麦) / 駒込駅田端駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1