ソラノイロ NIPPONでベジソバ を食べてみる@東京

2020年9月某日の13時過ぎに訪ねた。

東京駅を出てすぐの東京駅一番街地下1階の東京ラーメンストリートにある「ソラノイロ NIPPON」。

ソラノイロ NIPPON

店外の食券機で以前話題になっていたメニューである「ベジソバ」¥880を選択。

カウンター席に1人で座り食券を手渡す。正直、接客はかなり微妙。慣れていない男性アルバイトだろうか、コミュニケーションがよろしくない。

7,8分ほど待って提供される。

ベジソバ ¥880

見た目にカラフルな「ベジソバ」。ニンジン、キャベツ、蓮根、サツマイモ、トマトなど色とりどりの野菜が乗っている。

スープを味わってみると、仄かな甘みを感じるがコクが足りない印象。野菜の旨味だけでは無いと思うが、もうちょっとガツンと来る旨味が欲しい。

麺にも野菜が練りこまれていると思うが、やや太めの歯応えがある麺。このスープとは合っていないようには感じた。

野菜の具材は程好い食感で、良質な野菜。個人的には新鮮さが感じられる生の野菜を少しでも盛り込んでもらえると嬉しいとは感じた。

カロリーが少ない分、完食しても罪悪感の少ないラーメンである。ただ、期待以上の満足感は得られなかった。

面白いラーメンではあったが、どうにも納得し難い一品ではあった。この店では普通に醤油ラーメンを食べるのが良いだろう。

ソラノイロ ニッポンラーメン / 東京駅京橋駅二重橋前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2