豫園飯店で冷やし中華を食べてみた@飛鳥山

2020年8月某日の11時過ぎに訪ねた。

都電荒川線の飛鳥山駅を出て徒歩2分ほどの場所にある中華料理店「豫園飯店」。中国の有名な庭園を店の名前にしていると思われる。

豫園飯店

程好い広さの店内は7割方客で埋まっていた。

テーブル席に1人で座り「五目冷やしそば」¥880を注文。ゴマダレと醤油ダレが選べるので醤油でお願いする。

10分ほど待って提供される。

五目冷やしそば(醤油) ¥880

見た目に美しい冷やし中華。真ん中に海老が乗って、チャーシュー、錦糸玉子、キュウリ、クラゲ、トマトが盛り込まれている。別皿のタレを自ら投下して麺と具材を混ぜる。

五目冷やしそば(醤油) ¥880

具材のクオリティはイマイチ。

錦糸玉子は火を入れ過ぎている感はあり、チャーシューもかなり硬め。海老は塩茹でしたものが、食感と味が好みでは無かった。

麺と醤油ダレは悪くないので、冷やし中華としてのバランスは程好い保っている。酸味がちょうど良く、食べ飽きない一品になっている。

デザートも付いて880円という値段設定は無難な印象。

五目冷やしそば(醤油) ¥880 のデザート

雰囲気の良い中華レストランではあるが、大陸系の接客スタイルなのでホスピタリティには欠ける。

立地的に貴重な中華料理店なので、来店客はかなり多い。次回は夜に落ち着いて食べてみたいと思う。

豫園飯店中華料理 / 飛鳥山駅王子駅王子駅前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2