タイかぶれ食堂のお得感の無い夕食を食べる@赤羽

2020年8月のとある土曜日の20時過ぎに訪ねた。

赤羽駅を出て徒歩5分ほどのいビル2Fにあるタイ料理店「タイかぶれ食堂」。

タイかぶれ食堂

店内は5割程度客で埋まっていた。

案内されたテーブル席がかなり密集していたので、別のテーブル席をリクエストしたが叶わず。こういうホスピタリティの無さは非常に残念。

まず飲み物として「シンハー」¥600を注文。薄めのタイのビールを味わって食事を注文。

シンハー ¥600

鶏挽肉のバジル炒めごはん ¥980:オーソドックスなガパオライスを注文したが、極めてシンプルなもの。生野菜は、薄切りのキュウリが2枚添えられているだけ。味は至って普通。美味しくも、特に不味くもない。見た感じに喜びもなく、かなり残念な一品ではあった。スープも付かずに980円という値段設定はあまりにも高すぎる。

鶏挽肉のバジル炒めごはん ¥980

正直、また来たいと思えないタイ料理店であった。

感染症対策も特になされていないので、訪問自体あまりおススメ出来ない店である。

赤羽の飲食店におけるホスピタリティの無さは今に始まったことではないが、何とも虚しい。

タイかぶれ食堂タイ料理 / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.9