桑ばらの塩そばに甘みを感じる@東池袋

2020年7月某日の11時過ぎに訪ねた。

東池袋駅から徒歩5分ほどの場所にあるラーメン店「桑ばら」。

桑ばら

店外の食券機で「塩そば」¥800を選択。

広くない店内には先客5,6名。

カウンター席に1人で座り、食券を提示する。

7,8分ほど待って提供される。

塩そば ¥800

透き通った塩スープに細麺が浸っている。

大きめのチャーシューと細いメンマ、五香粉のようなものが乗った海苔が具材として入っている。

スープを一口すすってみると、塩スープながら甘みを感じる。

細めの食感の良い麺と塩スープの組み合わせは悪くない。オリジナリティを感じる桑ばらの塩そば。

大ぶりのチャーシューは個人的にはイマイチな印象。食べ応えはあるものの、出来てから時間が経っているのか、表面のカサカサした感じがどうにもしっくりこなかった。

卓上の酢を塩そばに投入して甘みのあるスープに酸味を足してみる。味が引き締まって良い塩梅の塩そばを楽しむ。

ボリューム的には満足し難いが、スープと麺は美味しかった。

剥き出しのバラック的な店の環境は正直好みではない。居心地の良さは無いが、良い塩ラーメンを食べられる店ではあった。

限定メニューなどもあるようなので、次回はそちらを試してみたい。

桑ばらラーメン / 東池袋駅池袋駅東池袋四丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3