なぜ蕎麦の季節メニューを食べてみる@池袋

2020年7月某日の11時過ぎに訪ねた。

池袋駅を出て徒歩3,4分ほどの場所にある「なぜ蕎麦にラー油をいれるのか。 池袋南口店」。

なぜ蕎麦にラー油をいれるのか。 池袋南口店

都内に複数店舗を展開している「なぜ蕎麦」の一店。

それほど広くない店内には先客5名ほど。

食券機で季節メニューらしい「爆弾ぶっかけそば(並)とたこ焼き天」¥850を選択。

カウンター席に1人で座り食券を提示。

7,8分ほど待って提供される。

爆弾ぶっかけそば(並)とたこ焼き天 ¥850

具材がたっぷり盛り込まれた蕎麦とたこ焼き天2個の組み合わせ。

納豆、キムチ、とろろ、オクラ、ねぎ、たっぷりの刻み海苔が乗った「爆弾ぶっかけそば」。まとまりが無さそうに見えるが、食べてみるとバランスが良い。濃い目のつゆと太めの蕎麦がカオスな具材の仲を取り持っている感じ。

爆弾ぶっかけそば(並)とたこ焼き天 ¥850 の爆弾ぶっかけそば(並)

具材と蕎麦を掻き混ぜつつ食べ進める。途中で卓上に置いてある生玉子を1個投入して、味に変化を加える。ネバネバで濃い味のぶっかけそばにマイルドさが加わって良い味になる。

たこ焼き天なるものも食べてみるが、こちらは特筆すべき点は無い。たこは中に入っていないので、生地をマヨネーズにつけて食べる。これを蕎麦とセットにしている理由は不明。

爆弾ぶっかけそば(並)とたこ焼き天 ¥850 のたこ焼き天

並盛りのぶっかけそばだが、ボリュームはちゃんとある。食べた後の満足度は高かった。

食べている間に続々と来店があった。都内に増えつつある「なぜ蕎麦」の店舗だが、勢いはまだ継続しそうな気配。

なぜ蕎麦にラー油をいれるのか。 池袋南口店そば(蕎麦) / 都電雑司ケ谷駅池袋駅東池袋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5