年季の入った食堂で一杯飲む@巣鴨

2019年3月某日の19時頃に訪ねた。

巣鴨駅を出て徒歩1,2分。

見るからに昭和食堂然とした「ゆたか食堂」。

ゆたか食堂

それなりに広い店内には先客1名。

1人でテーブル席に座る。

「ちょい飲みセット」¥600というものをリクエスト。飲み物は生ビールで。

おかずが2品選べるので「やっこ」と「しゅうまい」を選択。

ちょい飲みセット(やっこ、しゅうまい) ¥600 の生ビール

泡が多めの生ビールを飲んでいると、つまみがやってくる。

ちょい飲みセット(やっこ、しゅうまい) ¥600 のやっこ

やっこ:刻みネギとおろし生姜が別皿でやってくる「やっこ」。何の変哲も無い直球勝負の酒の肴。妙に落ち着く味である。

ちょい飲みセット(やっこ、しゅうまい) ¥600 のしゅうまい

しゅうまい:しゅうまい3個と野菜サラダが一緒に盛られた一品。ビールのつまみには悪くない。しゅうまいの味もこなれている。

白雪(大) ¥500

ビールから日本酒に切り替える。「白雪(大)」¥500を常温で。意外と飲みやすい。

つまみも追加で注文。

カツ煮 ¥700

カツ煮 ¥700:日本酒と共にやりたくてちょっと高めのつまみを発注。ちょっと濃い目のつゆの塩分が気になりながらも日本酒と共に味わう。そこまでクオリティは高くない。当たり障りの無い味。

それほど混まない食堂で、落ち着いて食べられる店ではある。ちょっと寂しい感じも含めて哀愁漂う昭和の店。

これと言って美味しい料理が出てくるわけではない。定食を食べても良いし、酒を飲んでも良い、そんな店。

ゆたか食堂定食・食堂 / 巣鴨駅駒込駅千石駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2