窮屈な座席で津気屋のつけ麺を食べる@川口

2020年6月のとある休日の11時過ぎに訪ねた。

川口駅を出て徒歩1分の場所にある「つけ麺 津気屋 川口店」。

つけ麺 津気屋 川口店

それほど広くない店内には先客3名ほど。

食券機で「津気屋つけ麺(中盛り)」¥790を選択。

テーブル席を案内させれるので、1人でテーブル席に座る。

かなり狭くて窮屈なテーブル席。このテーブルに2人座るなどというのは狂気の沙汰とすら思える。

10分ほど待って提供される。

津気屋つけ麺(中盛り) ¥790

見た目には至ってシンプルなつけ麺。

程好い太さの麺をつけ汁に浸して味わう。魚介豚骨の濃厚なつけ汁。ある意味オーソドックスな味わい。

津気屋つけ麺(中盛り) ¥790 の麺
津気屋つけ麺(中盛り) ¥790 のつけ汁

ベタな濃厚つけ麺をただ食べているだけでは物足りない。

酢は卓上に置いていないので、店員にリクエスト。七味唐辛子と酢を使って辛さと酸味を加えて味わう。

このつけ麺に酢は必須アイテムであろう。

卓上にはカレースパイスなるものも備えているのでこちらも利用。ただのつけ麺がカレー風味のつけ麺になるというのは中々嬉しい。程好くスパイシーで良い感じ。

卓上のアイテム

ノーマルなつけ麺だと面白さは無いが、味変をして楽しむことは出来た。スープ割にして最後まで味わった。

席の狭さと店員の慣れていない接客には微妙な印象を持ってしまったが、つけ麺自体は悪くない。

埼玉エリアでは人気の「津気屋」。食べている間にも続々と来店客があった。

つけ麺 津気屋 川口店ラーメン / 川口駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1