とり仟で軽く焼鳥を味わう@新宿御苑前

2020年6月某日の18時過ぎに訪ねた。

新宿御苑前駅を出て徒歩5分ほどの場所にある焼鳥の店「とり仟」。

とり仟

それほど広くない店内には先客2名。

カウンター席に1人で座り「サッポロ黒ラベル(中瓶)」¥700を注文。中瓶で700円はやや高めの値段設定。

サッポロ黒ラベル(中瓶) ¥700

料理は、串7本にスープ、サラダが付く「Bコース」¥2,800をお願いする。

サラダ:フレンチドレッシングがかかった小さなサイズのサラダ。マカロニサラダも盛り込まれていて良い感じ。

サラダ

ささみ:ワサビが乗ったささみ。塩味で食べるが、悪くない。ただ、ささみの良さをそこまで感じることは無かった。

ささみ

レバー:アッサリしたタレで焼かれたレバー。上質な鶏のレバー。食べ応えもあって満足の一串。クセが無く非常に食べやすい。

レバー

砂肝:コリっとした歯応えがする砂肝が小さめにカットされている。食べ応えのある砂肝串。

砂肝

うずら:香ばしい風味が特徴的なうずらの串。食べ応えのあるうずらは中々良いクオリティ。黄身が前面に出ているうずらは良い食感で味わい深い。

うずら

だんご:所謂つくねであるところのだんご。鶏の旨味を存分に感じられる一串。塩で焼かれているのが面白い。

だんご

もも肉:ネギをもも肉に合わせた一串。タレともも肉とネギのバランスが非常に良い。満足のクオリティ。

もも肉

手羽先:塩で味付けされた手羽先。カリッとした手羽先が香ばしくてジューシー。良い手羽先。

手羽先

スープ:最後はスープで〆る。それほど濃厚では無いので飲みやすさがあるスープ。〆には良い。

スープ

それなりに満足出来る焼鳥のコースであった。メニューのバリエーションがそれほど無いので、長居をする感じでは無かった。

酒も面白いものがあれば飲もうと思ったが、そそられるものは無かった。自分にしては珍しく瓶ビールのみで店を後にした。

サクッと焼鳥を食べて飲みたい時には便利な店。

とり仟焼き鳥 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3