たっぷり楽しめる寿司コース@六本木

2019年3月某日の20時頃に訪ねた。

六本木駅を出て徒歩1分ほど。ビルの5Fにある寿司店「六本木 すし巽」。

六本木 すし巽

清潔感に溢れた店内は6割程度客で埋まっていた。

事前に予約をして訪問。2人でカウンター席に座る。

「特上おまかせ握りコース」¥16,000でお願いしていた。

プレミアム生ビール 熟撰 ¥1,000

ビールで喉を潤してコースを開始。対象の程好い距離感での接客に好印象を持ちつつ味わう。

中トロ

中トロ:まずは中トロから。美味しい。大トロかと思うような中トロではあるが、脂の甘みをちゃんと感じさせてくれる握り。

釣り鯵

釣り鯵:千葉の釣り鯵であったか。こちらも脂の乗りが良く、旨味を堪能できる。

姫サザエの土佐煮

姫サザエの土佐煮:肝まで美味しい姫サザエの土佐煮。苦くない。臭みも無い。良い仕事をしていると感じられる。

あさりと旬菜の辛子和え

あさりと旬菜の辛子和え:あさりと菜の花を和えている。ちゃんと美味しい。酒が進む良いつまみ。

明太子のわさび漬け

明太子のわさび漬け:ちょっとした珍味。日本酒と一緒に味わいたくなる。わさびの風味が程好く効いて美味。

クリームチーズの西京味噌漬け

クリームチーズの西京味噌漬け:こちらも酒のアテに良い一品。程好い甘味が心地好い。

三連星 吟吹雪 ¥1,600
マハタ

マハタ:大将こだわりの握り。コリコリとした食感が今までにない。クセも無いので、食べやすさはある。

白いか

白いか:隠し包丁を入れた白いかの握り。ただのいかの握りとは違うクオリティを技術で醸し出している。

茶碗蒸し

茶碗蒸し:雲丹がドンと乗って、そこに餡かけを流し込んだ茶碗蒸し。玉子を裏漉しによって滑らかなものにしている。ただの茶碗蒸しとは異なる滑らかな一品。

鰹のタタキ薬味巻き

鰹のタタキ薬味巻き:鰹の質が高い。そこに薬味を巻いた状態で提供される。美味しくないわけがない。

平目の昆布締め

平目の昆布締め:オーソドックスな握り。シンプルに美味い。

来福 超辛口 ¥1,400
生雲丹

生雲丹:雲丹の甘みを満喫できる軍艦。妙なクセも無く香り高い雲丹。

いくらの小どんぶり

いくらの小どんぶり:雲丹からいくらへと贅沢な流れでやってきた。たっぷりのいくらを満喫。実に贅沢。

とろたく巻き

とろたく巻き:とろがたっぷり入っているとろたく巻き。大きく口を開けて一気に頬張って食べると贅沢な旨味が広がる。

銀ダラの幽庵焼き

銀ダラの幽庵焼き:ここで焼き物。日本酒に合う良い焼魚。銀ダラの質も高い。

金目鯛のしゃぶしゃぶ

金目鯛のしゃぶしゃぶ:ちょこっとした贅沢を更に満喫。薄く切った金目鯛と野菜をポン酢で食べる。良い切替になる。

マグロの漬け

マグロの漬け:美しいマグロの赤身の漬け。味もアッサリしていて実に美味。

海老

海老:焼いた海老を殻から外して握りにする。大ぶりの海老は歯応えも風味も素晴らしい。

大トロ串焼き

大トロ串焼き:ネギ間串のような大トロ串焼き。焼鳥のごとく、美味しいマグロを食べる。

大トロの炙り

大トロの炙り:終盤に入って大トロが誕生。寿司の醍醐味を口中で満喫。

白ワイン(ミッシェル・リンチ・ブラン) ¥800
かんぴょう巻き

かんぴょう巻き:かんぴょう握りを自分で海苔で巻いて食べる。海苔の質が最高。パリパリとした食感と風味にかんぴょうの舌触りが良い感じで馴染む。

赤だし

赤だし:〆手前に出てくる赤だし。名古屋風の濃厚な赤味噌を使ったものではなく、ちょっと柔らかい味わい。落ち着いて味わえる。

玉子焼き

玉子焼き:クレームブリュレのような玉子焼き。表面をカリカリにして食感と仄かな甘みを楽しむ。最後まで抜かりの無い寿司コースであった。

六本木駅近くの雑居ビル内で美味寿司コースを満喫した。サービスも心地好く、対象の技術もちゃんとしている。コースの構成は外国人に受けるようなものではあるが、対象のこだわりも所々に感じられる。

実際、来店客には海外からの観光客もいた。店内の清潔感と寿司、肴の美しさを堪能しているように見受けられた。

接待でもデートでも仲間内の食事会でも使える寿司店。絶対にハズレのない良店。

六本木 すし巽寿司 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅
夜総合点★★★★☆ 4.1