それなりの満足度がある大塚 大勝軒@大塚

2020年5月某日の18時過ぎに訪ねた。

大塚駅を出て徒歩3分ほどの場所にある「大塚 大勝軒」。

大塚 大勝軒

それほど広くない店内には先客4名。ベテランの男性が1人でオペレーション。

食券機で「ゆでもり」¥880を選択。

カウンター席に1人で座り、食券を提示。 大元は東池袋の大勝軒ではあるが、この店は更に御茶ノ水の大勝軒から派生した店舗のようである。

10分ほど待って提供される。

ゆでもり ¥880

ゆで卵がつけ汁に入っている「ゆでもり」。

ゆでもり ¥880 のつけ汁

思っていたよりもやや細い麺をつけ汁に浸して味わう。塩気が強い。もうちょっと辛さと甘さを期待していたが、それほど感じない。

ゆでもり ¥880 の麺

とは言え、大勝軒らしさは感じられるつけ汁に麺を浸して味わう。悪くないクオリティ。

ゆで卵は1個が丸ごと入っているが、個人的にはスライスしたゆで卵であってほしかった。大きなチャーシューが1枚入っているが、こちらはジューシーで良いクオリティ。

卓上の豆板醤、ニンニク、酢などを使ってカスタマイズしつつ味わう。豆板醤は、つけ汁にたっぷり入れて食べると程好い辛さになって美味しさが増す。

卓上のアイテム

麺を食べた後はセルフでスープを投入してスープ割を味わう。

ボリューム的には満足のつけ麺ではあった。ただ、値段は少々高いように感じた。

ワンオペで回っていないのか、ホスピタリティには難のある店舗であった。つけ麺の味は良かったが、イマイチな印象は否めない。

大塚 大勝軒つけ麺 / 大塚駅前駅大塚駅巣鴨新田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2