ガッツリ系の肉そばをなぜ蕎麦にラー油を入れるのか。で味わう@秋葉原

2020年5月のとある休日の11時過ぎに訪ねた。

秋葉原駅を出て徒歩5分ほどの場所にある「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原店」。

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原店

肉そば推しの「なぜ蕎麦」が展開している秋葉原の店舗。

それほど広くない店内には先客2名。

食券機で「肉そば(中)」¥900を選択し、カウンター席に座って食券提示。

5分ほど待って提供される。

肉そば(中) ¥900

刻み海苔がたっぷりかかった麺とラー油の入ったつけ汁の組み合わせ。

肉そば(中) ¥900 の麺
肉そば(中) ¥900 のつけ汁

力強さを感じる蕎麦を肉と海苔の下から引っ張り出して、つけ汁に浸して味わう。

ジャンクなつけ汁と太くて硬い蕎麦の組み合わせが良く合う。正直、塩気は強すぎると思うがこれが「なぜ蕎麦」の魅力ではある。

卓上に設置してある生玉子は無料で使用可能。

つけ汁に入れるか、麺の上に落とすかは好みによる。今回はつけ汁に生玉子を投入。

玉子の黄身を蕎麦に絡ませ、つけ汁と共に食べるとジャンクな味わいにまろやかさが加わわる。クセになる味。

たっぷりの肉と蕎麦をワシワシと掻き込むように食べると、あっという間に食べ切ってしまう。

つけ汁には最後、セルフで蕎麦湯を投入し、胡麻を振りかけて味わう。程好い甘さのスープとして堪能。

肉そば(中) ¥900 のつけ汁蕎麦湯割り

店名通り邪道な蕎麦の食べ方ではあるが、これはこれで面白い。塩分を控えたい人にはオススメ出来ないが、ジャンクな蕎麦を求める人にはハマる味。

荒々しいジャンクな蕎麦屋だけあって、接客にホスピタリティは求められない。それでもたまに食べたいクセになる蕎麦。

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原店そば(蕎麦) / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3