富士そばで微妙な一杯を食べた@日暮里

2020年4月のとある休日の17時過ぎに訪ねた。

日暮里駅から徒歩1分の場所にある「名代 富士そば 日暮里店」。

名代 富士そば 日暮里店

店内には先客3,4名ほど。

食券機で「ピリ辛鶏ねぎそば」¥470を選択。

注文カウンターに食券を提示。3分ほど待って料理を受け取る。

ピリ辛鶏ねぎそば ¥470

カウンター席に1人で座って蕎麦を食べる。

鶏肉と白髪ネギを辛味で和えたものが乗っている「ピリ辛鶏ねぎそば」。盛り付けが全く美しくない。

蕎麦と共にピリ辛鶏ネギを食べてみる。どうにもバランスが良くない。

ピリ辛鶏ネギにもしっかり味がついているにもかかわらず、醤油味の強いつゆに浸っているのは如何なものだろうか。

圧倒的に塩分過多なトッピングが乗っているそば。

麺もいつも食べる富士そばのそれに比べて柔らか過ぎるような印象もある。調理しているのはワンオペの外国人女性。経験と文化の問題もあるだろうが、富士そばらしくない一杯に仕上がっている印象。

このメニューを次回以降頼むことは無いだろう。商品として提供するのであれば、誰が作っても美味しく感じるトッピングにしてもらいたいところ。

名代 富士そば 日暮里店 そば(蕎麦) / 日暮里駅西日暮里駅三河島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0