舎鈴の惜しいクオリティの麺で食べるつけ麺@東京

2020年3月某日の11時頃に訪ねた。

東京駅八重洲口を出て徒歩2分の場所にある「舎鈴 八重洲店」。

舎鈴 八重洲店

六厘舎ブランドを展開している企業のつけ麺店である。

店内は6割程度客で埋まっていた。

食券機で「つけめん(並盛)」¥730を選択。

清潔感のあるカウンター席に座って食券を提示。

5分ほど待って提供される。

つけめん(並盛) ¥730

シンプルなつけ麺。

見た目にそれほど濃厚さは無いつけ汁にはなるとが浮いている。

つけめん(並盛) ¥730 のつけ汁

太めの麺にはメンマ、チャーシュー、海苔が添えられている。

つけめん(並盛) ¥730 の麺

麺をつけ汁に浸して味わう。

ファーストインパクトとしては麺の柔らかさが気になった。コシの無い麺は茹で過ぎなのか、この柔らかさを良しとして提供しているのか。個人的にはかなり残念な麺のクオリティ。

つけ汁はそれほど濃厚では無いが、魚介のダシと仄かな動物系のダシが良いバランスで絡み合っている。

麺に乗った具材は分量的に物足りない。これなら乗せて提供しなくても良いのでは、とすら思ってしまう。

卓上の酢、黒七味などを使って味に変化を与えながらつけ麺を味わう。黒七味は味に深みが出て良いアクセントになる。

卓上のアイテム

最後はセルフでスープ割にしてつけ汁を堪能。

ボリューム的には程好い。並盛で少ないとは感じなかったが、トータルで730円という値段設定はそれほど安いとは思わない。

どうにも麺が惜しいという印象が拭えない。茹で置きのスタイルを取っているのだろうか。個人的には「舎鈴」ブランドに残念な印象を抱いてしまった。

舎鈴 八重洲店ラーメン / 東京駅日本橋駅京橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1