百の輔で2種のつけ汁を楽しむ@秋葉原

2020年2月某日の12時前に訪ねた。

秋葉原駅を出て徒歩5分ほどの場所にある「つけ麵専門 百の輔」。

つけ麵専門 百の輔

かなり狭い店内には先客5名ほど。

食券機で「ハーフ&ハーフつけ麺」¥880を選択。

カウンター席に1人で座る。

つけ汁の種類4種「濃厚魚介豚骨」「カレー」「エビとイカ墨」「旨辛酸っぱ麺」から2種をチョイス。今回は「エビとイカ墨」「旨辛酸っぱ麺」をお願いする。

以前は新宿御苑の近くにあったつけ麺屋が秋葉原に移転。ただ、店内の環境は窮屈であまり良いとは感じなかった。

7,8分ほど待って提供される。

ハーフ&ハーフつけ麺(エビとイカ墨、旨辛酸っぱ麺) ¥880

赤と黒のつけ汁に大きな炙りチャーシューが乗った麺の組み合わせ。

程好い太さの麺をつけ汁に浸して食べる。

ハーフ&ハーフつけ麺(エビとイカ墨、旨辛酸っぱ麺) ¥880 の麺

エビとイカ墨のつけ汁は思ったよりも濃厚な味。海老の風味が強いので、好みは分かれそうな味。イカ墨はこのつけ汁に合わせるべきかどうかは微妙なところ。

ハーフ&ハーフつけ麺(エビとイカ墨、旨辛酸っぱ麺) ¥880 のつけ汁(エビとイカ墨)

旨辛酸っぱ麺はスパイシーで胡椒の風味が強い。アッサリしながらも油っぽさがあるつけ汁。なかなかジャンクな味だが、クセになる味。

ハーフ&ハーフつけ麺(エビとイカ墨、旨辛酸っぱ麺) ¥880 のつけ汁(旨辛酸っぱ麺)

麺の上に乗った炙りチャーシューはかなり食べ応えがある。ある意味、食べ辛さすらあるが、肉好きには満足感の高いチャーシュー。

最後は旨辛酸っぱ麺をスープ割で楽しんだ。程好いボリュームでお得感はあった。

以前、新宿御苑近くの百の輔で食べた時のあの感動は無かった。店内の環境にも満足し難い。せめて快適な環境で食べたいつけ麺ではある。

つけ麵専門 百の輔つけ麺 / 秋葉原駅末広町駅御茶ノ水駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3