値段の安いとん国でランチを食べる@新三河島

2020年2月のとある休日の11時過ぎに訪ねた。

新三河島駅を出て徒歩5分ほどの場所にあるとんかつの店「とん国」。

とん国

かなり年季の入った店内には先客なし。

カウンター席に1人で座る。

ベテランのオヤジさんが1人で切り盛りしている店。

正直、行き届いた手入れがなされているとは思えない店内。カウンターもちょっと汚れている。

取り合えず「とんかつ定食」¥690を注文。

返事をしてくれないので、ちゃんと聞いているのか不安になる。

入ったタイミングが良くなかったか、油を温めだしているため揚げるまでに時間がかかっていた。

15分ほど待って提供される。

とんかつ定食 ¥690

しっくりこない部分がありながらもやってきた「とんかつ定食」。

中央のプレートにとんかつとキャベツの千切り。ご飯、味噌汁、きんぴらごぼう、漬物。

組み合わせとしては悪くない。

とんかつとキャベツにソースをかけて食べる。豚肉はそれほど厚くないが、値段を考えればやむを得ないだろう。至って普通の豚肉をオーソドックスに揚げている。

とんかつ定食 ¥690 のとんかつ

熱々の炊きたてご飯はやや水分が多い。これは好みの問題だろう。

味噌汁もしっかり熱いが、寒い日にこの温度は嬉しい。

きんぴらごぼうは作り置きのものだが、油が多くてクオリティ的にイマイチ。味付けはそれほど悪くはない。

とんかつ定食で690円という値段設定は個人経営の店においては破格であろう。

店内環境は非常に残念ではあるが、値段に免じて、という部分はあろう。

ただ、お会計の時に豚肉を切っている手でそのまま硬貨を渡す様子を見てしんどくなってしまった。

安さを追い求める人には良い店だろう。

味噌かつ とん國とんかつ / 新三河島駅西日暮里駅田端駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.7