パエリア推しのエル・チャテオでディナー@銀座

2020年1月のとある休日の18時過ぎに訪ねた。

銀座駅を出て徒歩2分ほどの場所にあるスペイン料理店「エル・チャテオ 銀座店」。

エル・チャテオ 銀座店

2階建ての店内の2階に案内される。

そこまで混んでいない店内のテーブル席に2人で座る。

まずは「樽出し生ビール マオウ(330ml)」¥850を注文。程好い苦味と甘みがあるビールを味わう。

樽出し生ビール マオウ(330ml) ¥850

お通しはパテとクラッカー、豆がやって来る。ビールのつまみにはちょうど良い。

お通し

青唐辛子の酢漬け ¥500:小さな器に盛られた青唐辛子の酢漬け。ちょっと苦味があって、強い酸味が心地好い一品。マオウには合うつまみ。

青唐辛子の酢漬け ¥500

牛ミノのトマト煮込み ¥1,000:大きめの牛ミノが煮込まれたもの。トマトの酸味は足りないが、甘みと旨味が良い感じに出ている。「クネ クリアンサ びいどろ オリジナル(カラフェ)」¥2,400を注文して、ミノと赤ワインを合わせて堪能。

牛ミノのトマト煮込み ¥1,000
クネ クリアンサ びいどろ オリジナル(カラフェ) ¥2,400

魚介のパエリア(M) ¥2,400:この店で食べるべきはパエリア。ちょっと硬めの米に魚介のダシが染みていて実に美味しい。アサリとムール貝の大きさはやや小さいが、2,400円でこのクオリティなら満足。

魚介のパエリア(M) ¥2,400

タコのガリシア風 ¥800:ジャガイモとタコを合わせたガリシア風。オリーブオイルの風味が程好い感じで食べやすい。

タコのガリシア風 ¥800

満足度はそれなりにあったスペイン料理店。パエリアのバリエーションが複数あって、注文するのに悩んだが魚介のパエリアには満足。

大人数でも楽しめる店の造りになっている。使い勝手の良い銀座の店。

エル・チャテオ 銀座店スペイン料理 / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3