スペースの狭い飯と酒屋で蕎麦ランチ@田端

2019年12月のとある土曜日の12時過ぎに訪ねた。

田端駅を出てすぐの場所にある「飯と酒屋」。その名の通り、食事処でもありながら、居酒屋としてつまみも提供する店。

飯と酒屋

兎に角狭い店内には先客4名。

やや窮屈なテーブル席に1人で座り「かき揚げそば」¥599を注文。

土曜日なので昼飲みをしている男性客もいた。

そばなのですぐに提供されると思いきや、10分以上待って提供される。

かき揚げそば ¥599

大きめのかき揚げが乗った蕎麦。

蕎麦とつゆは至って普通。つゆはやや温い感じもある。

かき揚げは大ぶりなだけあって食べ応えはある。ただ、揚げたてという感もあり、何故提供までにこれほど時間がかかるのかは不明。

不味くもなく、劇的に美味しいというわけでもない「かき揚げそば」を食べる。

立ち食いそば屋のものに比べてちょっと良いかな、というクオリティ。599円という値段設定は高くもなく安くもないという印象。

何とも評価に困る一品ではあった。次回は定食メニューを食べてこの店の真価を確かめてみたいと思う。

それにしても店内のレイアウトがかなり微妙な店。居心地はあまり良くはない。

飯と酒屋居酒屋 / 田端駅西日暮里駅赤土小学校前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1