狭小店のらーめん 一郎でしじみらーめんを味わう@銀座

2019年12月某日の12時過ぎに訪ねた。

銀座駅を出て徒歩1,2分ほど。

ビルの地下にあるラーメン店「らーめん 一郎」。

らーめん 一郎

非常に狭い店内には先客1名のみ。

食券機で「しじみらーめん」¥900を選択。

カウンター席に1人で座り食券を提示。

7,8分ほど待って提供される。

しじみらーめん ¥900

仄かに濁ったスープの「しじみらーめん」。チャーシュー、メンマ、しじみ、ネギが乗っている。

食べてみると、スープはそこまで濃厚さは無い。しじみのダシは効いているが、それほど風味は強くないので食べやすくはある。

麺はそれほど印象的なものではない。当たり障りの無い「しじみらーめん」という印象。

具材としては入っているしじみは至って普通のしじみ。身を食べても取り立てて美味しいというものでもない。

その他の具材においてもそれほど美味しさは無い。チャーシューは柔らかくて食べやすさはあるものの、個人的にはもうちょっと硬めのものが好み。

卓上のアイテム

かなり狭めの店内で食べるラーメン。店員が業務的な電話を店内でしていたのは気になった。客が少ないタイミングだと思ったのだろうか。何だか居心地の悪さを若干感じてしまった。

しじみらーめんだけでは無い店なので、楽しみ甲斐はある店ではあろう。混雑していないタイミングで他のラーメンを試してみたいとは思う。

らーめん一郎ラーメン / 銀座駅有楽町駅銀座一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2