三島屋の魚屋らしさ溢れる海鮮ランチを堪能@田端

2019年11月某日の12時前に訪ねた。

田端駅を出て徒歩3分ほど。

魚屋の2階にある和食、懐石料理の店「三島屋」。

三島屋

ランチの注文を魚屋の窓口で行ってから店内に入る。「寒ブリと鯛漬け丼」¥1,000をお願いする。

座敷席には先客3名。

席に案内してもらうが、ご飯大盛りでリクエスト。10分ほど待ってから提供される。

寒ブリと鯛漬け丼 ¥1,000

大きな器でやってくる「寒ブリと鯛漬け丼」。味噌汁、小鉢、ガリが付いてくる。

寒ブリと鯛の漬けはアッサリした味付け。魚屋の仕入れだけあって質はかなり高い。

寒ブリと鯛漬け丼 ¥1,000

ワサビを塗しながら漬け丼を堪能。大きめに切られた身がちょうど良い塩梅。

大盛りだと米の量はかなり多くなる。バランスはちょっと考えて良いかも。

小鉢料理のひじき煮は良いアクセントになる。ひじき自体の質が高く、甘い味付けの中に仄かな磯の香りが良い感じ。

質の高い海鮮を存分に味わえる「三島屋」。値段以上の価値はあるランチがそこにはあった。

懐石料理 三島屋懐石・会席料理 / 田端駅駒込駅尾久駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5