小島チューリップで楽しく会話しながら酒を飲む@四ツ谷

2019年10月のとある土曜日の18時過ぎに訪ねた。

四ツ谷駅を出て徒歩3分ほど。

雑居ビルの2Fにある小さな店内には先客なし。

カウンター席に1人で座る。

「ホッピー黒セット」¥400を注文。中身がキンミヤの黒ホッピーで400円というのは中々にリーズナブル。

ホッピー黒セット ¥400

若い店長が良い感じで会話をしてくれる。1人でも楽しく飲めるのは嬉しい。

冷奴 ¥350:ネギとショウガだけでなく、大根おろしが乗っている冷奴。この組み合わせが意外と良いということを知る。

冷奴 ¥350

豚ポン酢 ¥600:モヤシの上に、豚肉と大根おろし、ネギがたっぷり乗った一品。粗挽き胡椒がたっぷり振りかけてあるのが良いアクセントになっている。酒のつまみとしては中々優秀。

豚ポン酢 ¥600

小島チューリップ 元祖タレ ¥180、新シオ(柚子胡椒) ¥180:徳島の港町の料理らしい、チューリップ。調理方法が特殊。揚げずに煮て焼いて提供している。タレの染みたチューリップはクセになる味。シオはシンプルな良さもあるが、少々物足りない。

小島チューリップ 元祖タレ ¥180、新シオ(柚子胡椒) ¥180

たこ焼き(ソース)4個 ¥300:オーソドックスなたこ焼きもつまんでホッピーと共に味わう。特筆すべきものではないが、クオリティ的には悪くない。

たこ焼き(ソース)4個 ¥300

カレーポテトサラダ ¥480:ポテトサラダをカレー風味に仕立てた一品。子供の頃の給食の味を思い出す。やや甘めの味付け。

カレーポテトサラダ ¥480

ホッピーをエンドレスで飲んでいたら、ほろ酔いになってしまった。リーズナブルな店なので、驚くような会計になることは無い。

狭いながら、店員のホスピタリティによって非常に居心地の良い空間になっている。良い店であった。

小島チューリップ居酒屋 / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6