分とく山で和食を満喫@広尾

2019年10月某日の19時過ぎに訪ねた。

広尾駅を出て徒歩5分ほどの場所にある和食の名店「分とく山」。

分とく山

大変お世話になっている方との食事で訪問。

カウンター席で野崎総料理長と相対する形で和食を頂く。

まずは「生ビール」¥900で喉を潤し、食事を待つ。

生ビール ¥900

湯葉豆腐:一品目に出てきた湯葉豆腐は海老と栗と共にやって来た。優しい餡の感じが実に良い。

湯葉豆腐

前菜:カラスミと河豚が味わえる前菜。素材を活かした美味しい和食。塩分が程好いのが、この店の素晴らしいところ。

前菜

土瓶蒸し:松茸と鱧が入った土瓶蒸し。まずはダシをじっくり味わう。その後、具材を頂く。何とも嬉しい秋の味。仄かに香る上品な松茸がこの店らしさ。

土瓶蒸し

お造り:戻り鰹が実に美味しい。旨味が詰まって食べ応えもある。脂っぽい鰹とは違う本当の美味しさを感じる。イクラも実に良い塩梅。「一歩己 特別純米 一合」¥1,200を飲みながら刺身を味わう至福の時。

お造り
一歩己 特別純米 一合 ¥1,200

鮑の磯焼きの肝ソース:分とく山のスペシャリテ。安定してこの料理を提供するのは本当に大変なことだろう。出来の良し悪しはあるにせよ、出てくるだけで嬉しい一品。

鮑の磯焼きの肝ソース

穴子の青柳、長芋に酒盗、銀杏、秋刀魚の有馬煮、ゆり根:和の技法を存分に発揮した料理たち。秋刀魚の有馬煮が特に美味。穴子の青柳は今まで食べたことのない料理。実に楽しい料理。

穴子の青柳、長芋に酒盗、銀杏、秋刀魚の有馬煮、ゆり根

牛肉のきのこ鍋:ここで変化球。きのこがたっぷり入った小鍋。旨味が詰まったつゆと共に具材を楽しむ。

牛肉のきのこ鍋

漬物:ご飯がやって来るタイミングで漬物が提供される。野菜の甘みを活かした良い漬物。

漬物

松茸ご飯:ドドーンと登場した松茸ご飯。鮮やかな色合いと美しい米のバランス。インスタ映えしまくる分とく山のご飯料理。食べても素晴らしい。松茸の香りが妙に立っていないところが良い。何杯もお替りして食べてしまった。

松茸ご飯
松茸ご飯

お吸物:お吸物も澄んだダシと青菜と塩気のバランスが実に良い。

お吸物

お茶:お茶も料理の構成に含まれている。器に書かれた文字で誰がどこに座っているか分かる仕組み。

お茶

水菓子:胡麻豆腐的なものをフルーツで彩っている一品。マスカットの甘みが凄い。お茶と水菓子でフィニッシュ。

水菓子

分とく山の美味しい和食を隅々まで堪能。実は10年ほど前に一度味わったことがあるのだが、以前に増して満足度の高い和食の構成があった。野崎総料理長の軽快なトークを楽しみながら味わえるというのも有難い体験であった。

また是非訪ねたいと思う。

分とく山懐石・会席料理 / 広尾駅六本木駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9