色々惜しいマドラスカレー@赤坂

2019年10月某日の12時過ぎに訪ねた。

赤坂駅を出て徒歩1分ほどの場所にある「大阪マドラスカレー」。

大阪マドラスカレー

某俳優がオーナーの店ということで有名。

非常に狭い店内には先客4名ほど。

カウンター席に座る。

カレーの注文の仕方が良く分からない。大・中・小を選んでトッピングをチョイスするシステムらしい。店外にカレーのサイズ別の金額は案内してあるが、店内には無い。客にやさしくないシステムである。

何がオススメか良く分からないので「マドラスカレー(中)」¥800+「ブロッコリー」¥100を注文。

バイトの若い女性店員2人は狭い店内でずっとお喋りをしていた。接客スタイルとして間違っていると思うのだが、如何なものか。

3,4分ほど待ってカレーが提供される。

マドラスカレー(中) ¥800 + ブロッコリー ¥100

卓上の福神漬けをたっぷり盛りつけて味わう。

最初に甘さが来て、ジワジワと辛さが来る。大阪らしいカレーのスタイル。

トッピングはたまごをチョイスするのが正解のようである。ブロッコリーも悪くは無いが、大きなインパクトは与えない。

大阪テイストのカレーだが、そこまで美味しいとは言い難い。旨味は感じられるが、これと言った特徴は無い。

ボリュームはそれなり。ただ、中サイズで800円はちょっと高いかも、という印象。

卓上のスパイス的なものを入れている器を手に取ったが、壊れているのか、複雑な構造なのか使えなかった。この辺りもホスピタリティに欠ける店ではある。

ランチ時だったので、狭い店内はあっという間に満席になっていた。

正直、満足度は低い店ではあった。立地は良いのでそこそこ客が入るものの、リピートについては難しい印象。

大阪マドラスカレーカレーライス / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.8