ボリューム溢れる中華定食が食べられる鑫城@西日暮里

2019年9月某日の11時過ぎに訪ねた。

西日暮里駅を出て徒歩2分ほどの場所にある中華料理店「鑫城」。

鑫城

「鑫城」と書いて「しんじょう」と読む。

昼の早い時間だからか、店内には先客なし。

テーブル席に1人で座り、週替定食から「玉葱と豚肉炒め定食」¥680を注文。

5分ほど待って提供される。

玉葱と豚肉炒め定食 ¥680

メインの玉葱と豚肉炒めにライス、スープ、ザーサイ、デザートという構成。

玉葱と豚肉炒めはかなりボリュームがある。味はそれほど濃くもなく、ご飯のおかずにはちょうど良い塩梅。

玉葱と豚肉炒め定食 ¥680 の玉葱と豚肉炒め

肉と玉葱のバランスでいうと、かなり玉葱の量が多いのはご愛嬌か。途中で酢を垂らしつつ味変をして食べ進める。

メインの料理とライスの合間に時折つまむザーサイが良いアクセントになった。ザーサイの量も他店に比べると多めだが、この定食においてはちょうど良い分量ではあった。

大陸系の中華料理店にしては味付けにクセはそれほど感じなかった。食材の質はそれほど高くは無いが、調理レベルはそれなりに高い。

トータルで見ると、値段以上の満足度がある定食ではあった。

しん城中華料理 / 西日暮里駅新三河島駅日暮里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2