ちょうど良い兆楽の中華料理を堪能する@渋谷

2019年7月のとある休日の13時過ぎに訪ねた。

渋谷駅を出て徒歩7,8分ほど。

センター街を抜けたところにある中華料理店「兆楽」。

兆楽

店内は8割方客で埋まっていた。渋谷で中華と言えば「兆楽」というのが町中華フリークにとっては当然のこと。

テーブル席に2人で座る。

「酢豚ライス」¥900を注文。

7,8分ほど待って提供される。

酢豚ライス ¥900

酢豚、ライス、中華スープのシンプルな組み合わせ。

酢豚の具材は豚肉と玉ねぎ、にんじん、ピーマン、椎茸というシンプルな組み合わせ。パイナップルが入っていないのは「兆楽」らしさだろう。

酢豚ライス ¥900 の酢豚

濃いめの甘酢あんがライスに合う。

野菜への火入れの感じが絶妙。

時折挟む中華スープのクオリティも見事。B級グルメとしての完成度が非常に高い「酢豚ライス」。夏の暑い日でもガンガン米がすすむ絶品酢豚を堪能。

客層は男性1人客中心の「兆楽」。店員の多くは外国人になってきているものの、安定して美味しい、正にちょうど良い中華料理を提供してくれるのは流石。

思い出した時にまた食べに来ようと思う。

兆楽中華料理 / 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5