料理はイマイチなもつ居酒屋@飯田橋

2019年7月某日の20時過ぎに訪ねた。

飯田橋駅を出て徒歩2分ほどの場所にある「鳥城酒蔵」。

鳥城酒蔵

もつ焼き、焼鳥を提供する居酒屋。店内は3割程度客で埋まっていた。

テーブル席に2人で座る。

「瓶ビール(大瓶)」¥630を注文。赤星ラガー飲みながら料理をつまむ。

瓶ビール(大瓶) ¥630

お通しは酸味の強い春雨サラダ。クオリティ的にはイマイチ。

お通し

オニオンスライス ¥350:オーソドックスなオニオンスライス。ポン酢の量がちょうどいい感じ。それ以外は至って普通。

オニオンスライス ¥350

もつ煮込 ¥450:この店では名物のもつ煮込らしい。味噌で煮込まれているが、もつの処理はイマイチ。ねぎがたっぷりかかっているものの、風味はあまり良くない。

もつ煮込 ¥450

コブクロ ¥150×2、カシラ ¥150×2、シロ ¥150×2:タレでもつ焼きを食べるが、コブクロには若干臭みがある。素材がイマイチなのかもしれない。焼き加減はそれなりではある。カシラもジューシーさに欠ける。シロはカリカリになるまで火を入れているので食べられる。

コブクロ ¥150×2、カシラ ¥150×2、シロ ¥150×2

カワ ¥150×2、ネギマ ¥150×2:こちらは塩で頼んだ焼鳥。カワは良い味。ジューシーな味わい。ネギマはイマイチ。冷凍の鳥肉を使っているのではなかろうか。

カワ ¥150×2、ネギマ ¥150×2

好立地ながら客が入っていない理由は、料理の質がイマイチであったからだろう。店内の空気もモツの匂いがしてあまりよろしくない。

老舗の居酒屋らしいが、残念な印象。飯田橋エリアでは料理の質が非常に大事。

鳥城酒蔵もつ焼き / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.9