とろろのインパクトに欠ける富士そば@王子

2019年7月のとある休日の23時過ぎに訪ねた。

王子駅を出てすぐの場所にある「名代 富士そば 王子店」。

名代 富士そば 王子店

相変わらず狭めの店内には先客3,4名ほど。

食券機で「冷しとろろそば」¥420を選択。

食券機を注文カウンターに提示。2分ほど待って料理を受け取る。

冷しとろろそば ¥420

蕎麦の上にとろろ、ねぎ、わかめ、刻み海苔が乗った「冷しとろろそば」。盛り方は若干雑な気がする。

とろろと蕎麦を共に味わうが、全体のバランスを考えてもとろろの量が少な過ぎるようには感じる。蕎麦にとろろを絡ませながら食べたいところではあるが、分量が少ないことと、とろろ自体の硬さの問題がある。

やや消化不良な感じで「冷しとろろそば」を食べることになってしまった。つゆの味自体は悪くないし、麺の食感は程好い。ボリューム的には物足りなさはあるが、酒の飲んだ後の〆には適切な量かもしれない。

王子駅に降り立って〆に蕎麦を食べるスタイルが確立しつつある今日この頃。立地の良さが個人的には魅力の店舗ではある。

名代 富士そば 王子店そば(蕎麦) / 王子駅前駅王子駅飛鳥山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2