飲んだ後の〆に吉牛を食べる@赤坂

2019年5月のとある休日の21時頃に訪ねた。

赤坂駅を出て徒歩2分ほどの場所にある「吉野家 赤坂三丁目店」。

吉野家 赤坂三丁目店

店内は3割程度客で埋まっていた。酒を飲んだ後の〆にやって来た。

カウンター席に座り「牛丼(並盛)」¥380+「半熟玉子」¥80を注文。

3分経たずに提供される。

牛丼(並盛) ¥380 + 半熟玉子 ¥80

いつもの牛丼のルックスに比べて違和感。僅かに肉の量が少ないような気がしてしまう。

牛丼(並盛) ¥380

半熟玉子を牛丼に乗せて、七味唐辛子を振りかける。そこに紅ショウガを上からたっぷり盛る。

半熟玉子 ¥80

食べていつもの吉野家の味を噛み締める。チープながらも味わい深い牛丼。半熟玉子の黄身が良い塩梅で米に絡み、まろやかさを加える。

380円という値段設定にありがたみを感じつつ牛丼を食べ進めた。

ボリューム的には徐々に少なくしているような印象は持っている。企業努力において、380円の牛丼をキープするためのボリュームダウンはやむなしであろう。

この日もいつも牛丼を酔った体に摂取して満足した。「牛丼は吉野家」と、つくづく感じた。

吉野家 赤坂三丁目店牛丼 / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3