宝家で落ち着いて蕎麦ランチを食べる@新庚申塚

2021年9月某日の11時過ぎに訪ねた。

都電荒川線の新庚申塚駅から徒歩1分の場所にある蕎麦店「宝家」。

宝家

程好い広さの店内には先客1名のみ。手入れが行き届いて清潔感のある印象。

テーブル席に1人で座りランチタイムのセットメニューから「もり+半カレーライス」¥800を注文。

7,8分ほど待って提供される。

もり+半カレーライス ¥800

もりそばにカレー丼スタイルの半カレーライスのセット。

程好い細さの蕎麦をつまんで、つゆに浸してもりそばから味わう。

もり+半カレーライス ¥800 のもりそばの麺
もり+半カレーライス ¥800 のもりそばの薬味、つゆ

麺の硬さが程好く手打ち感があるこなれた蕎麦という感じ。それほど濃くはないつゆとのバランスも良いもりそば。わさびも使って良い塩梅のもりそばを楽しむ。

福神漬けの乗った半カレーライスは辛さはそれほど無い優しい味わいのカレー。カレー丼スタイルなので、もっと和テイストのカレーかと思ったが、王道のカレーライス。心地好く食べられるカレーライスであった。

もり+半カレーライス ¥800 の半カレーライス

安定した蕎麦の味と王ある意味家庭的な味のカレーライスのセットを満喫。もりそばのつゆはそば湯で割って最後まで楽しむ。

下町らしさのある町の蕎麦屋だが、メニューはそれなりあって定食なども食べられる「宝家」。

落ち着いて食べられる環境も嬉しい。時間を置いて、また訪ねたいと思う。

宝家そば(蕎麦) / 新庚申塚駅庚申塚駅西巣鴨駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4