鳥竹でレバー入りのやきとり丼を味わう@渋谷

2021年9月某日の12時過ぎに訪ねた。

渋谷駅のマークシティ側の改札を出てすぐの場所にある2階建ての焼鳥店「鳥竹 総本店」。

鳥竹 総本店

店舗1階は7割程度客で埋まっていた。

カウンター席に1人で座り、メニューを眺めてから、店内のほとんどの客が注文していた「やきとり丼」¥1,045をお願いした。

12,3分ほど待って提供される。

やきとり丼 ¥1,045

レバーを真ん中に配置して大ぶりの焼鳥が3串分乗ったやきとり丼。そこにスープと漬物が付く。

薄っすらタレが塗られた焼鳥とご飯を一緒に食べる。ジューシーさを感じるもも肉は良い焼き加減。ほんのり焦げた部分が香ばしく、絶妙な風味を楽しめる。

やきとり丼 ¥1,045

レバーも少しだけレアさを残しているのが堪らない。鶏肉自体の質はそこそこのものだが、技術力で美味しさを引き出している印象。ワカメの入った鶏ダシのスープを味わいつつ、やきとり丼を満喫。

焼鳥の大きさが食べ応えを感じるサイズ感で、非常に満足度が高い。

七味唐辛子も振りかけて刺激と風味を加えつつやきとり丼を完食する。また食べに来たくなる「鳥竹」らしさに富んだ一品であった。1,045円という値段設定にも納得。

渋谷駅のすぐそばでクセになるやきとり丼を満喫した。次回は酒と焼鳥とうなぎを楽しみたいと思う。

鳥竹 総本店焼き鳥 / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4