食べる環境がイマイチだったうな菊@駒込

2021年9月某日の12時過ぎに訪ねた。

駒込駅から徒歩1分ほどの場所にあるうなぎの店「うな菊」。

うな菊

それほど広くない店内には先客なし。

入口に近いテーブル席に1人で座り「うな丼」¥1,500を注文した。

座って気付いたのだが、あまり空調が効いていないのか妙な臭いがこもっていた。これは食べる環境としては如何なものか。

うな丼が出されるまでしばし待っているが、店員同士でずっと喋っているのも非常に気になった。

12,3分ほど待って提供される。

うな丼 ¥1,500

うなぎの蒲焼きが一枚乗ったうな丼に肝吸い、お新香が付く。

まずはうな丼をそのまま食べてみると、ふっくらとしたうなぎの身にそれほど濃くは無いタレのバランスが良い感じ。

うな丼 ¥1,500

米も程好い硬さでまとまりの良いうな丼。ただし、店内の空調の問題もあってか美味しく食べられる環境では無かった。せっかくの美味しいうな丼が勿体ない。

肝吸いはイマイチ。肝の鮮度が良くないのか、脂っぽさが気になるお吸い物であった。繊細さに欠ける印象で残念。

うな丼 ¥1,500 の肝吸い

お新香と共にうな丼を味わう。山椒を振りかけながら最後まで味わった。

店内の臭いがどうにもダメで食べ終わってそそくさと店を出る。店内の改装でもしない限りこの店に来ることは無いかな。

うな菊うなぎ / 駒込駅巣鴨駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.8