赤羽壱龍でコクの足りない担々麺を味わう@赤羽

2021年7月某日の12時過ぎに訪ねた。

赤羽駅から徒歩2分ほどの場所にあるラーメン店「めんや 赤羽壱龍」。

めんや 赤羽壱龍

それほど広くない店内には先客なし。

食券機で「担々麺」¥900を選択。

カウンター席に座り食券を提示。

店主らしき男性のワンオペ。7,8分ほど待って料理が提供される。

担々麺 ¥900

もやしの上に肉味噌が乗って、ニラが散りばめられている担々麵。まずはスープから味わってみるが、コクが足りない。

たっぷり胡麻が振りかけられていて、胡麻の風味はあるのだが、力強さが無いので担々麵らしさが感じられない。

卓上のおろしにんにくとコチュジャンを投入してコクを補完してみるが、インパクトは足らない。

卓上のアイテム

ニラのアクセントは悪くは無いが、他の具材は凡庸で全体的に惜しい印象は否めない。

ラー油なども投入して辛さを増して当初の担々麵からは変化を加える結果となってしまった。セルフで味を変える楽しさはある店と言えるかもしれない。

醤油や味噌、塩ラーメンも提供している店なので、他のメニューは意外と良いということもあるかもしれない。

開店して1年経ってもいない店のようなので、これから進化したラーメンが提供されることを期待。飲み屋街の一角にある店なので、〆のラーメンで利用というシチュエーションが最も良いだろう。

めんや 赤羽壱龍ラーメン / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0