アットホームな雰囲気の居酒屋である秋しので定食を食べる@秋葉原

2021年7月某日の11時過ぎに訪ねた。

秋葉原駅から徒歩3,4分。ビルの地下にある和風居酒屋「秋しの」。

秋しの

年季の入った店内には先客4名ほど。 どこか家庭的な雰囲気で、田舎にやって来た感じ。

テーブル席に1人で座り刺身とあら煮がおかずになっている「日替り定食」¥800を注文。

7,8分ほど待って提供される。

日替り定食 ¥800

ぶり、かつお、サーモンの3種の刺身盛り合わせにあら煮、ご飯、味噌汁、漬物の組み合わせ。

刺身はやや小さめの切身。サーモンが一切れというのは少々寂しい。鮮度は悪くないので、美味しく刺身を味わえる。

日替り定食 ¥800 のぶり、かつお、サーモン刺

大根と共にしっかり煮込まれたあら煮はやや小さめの器に入っているが、身が少なくて骨とガラが多い。大根にはあらの旨味がしっかり染み込んで良い味に仕上がっている。

日替り定食 ¥800 のあら煮

ご飯、味噌汁、漬物と共に魚料理を楽しむ。漬物は古漬けで独特の味わい。

懐かしい味わいの定食だが、実家というよりも祖父母の味を思い出すような定食。

他の店では味わえない田舎っぽい家庭の味を満喫したい時には良いかもしれない。

食べている間に店内はほぼ満席状態になっていた。近隣のビジネスマンには人気の店なのかもしれない。

秋しの割烹・小料理 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2