下町の町中華である松ふじで冷やし中華を食べる@熊野前

2021年6月某日の12時過ぎに訪ねた。

都電荒川線の熊野前駅から徒歩2,3分ほどの場所にある中華料理店「松ふじ」。

松ふじ

程好い広さの店内には先客2名。

カウンター席に1人で座り「冷やし中華そば」¥880を注文。

7,8分ほど待って提供される。

冷やし中華そば ¥880

ハム、チャーシュー、キュウリ、錦糸卵が散りばめられて、中心部分にゆで卵が据えられた冷やし中華。器の縁に芥子が添えてある。

酸味はそれほど強くない醤油ダレで味付けしている冷やし中華を味わう。

ハムとチャーシューの2種類の肉を噛み締めつつ、キュウリの爽やかさと錦糸卵の仄かな甘さを楽しむ。

芥子をタレに馴染ませながら刺激も加えて冷やし中華の味を少しずつカスタマイズする。

何気なく振りかけられた胡麻は程好いアクセントで、仄かな香ばしさが心地好い。

頃合いを見計らってゆで卵を食べ、冷やし中華の味にとは異なる優しい味を楽しむ。

それほどボリュームは無いので、速やかに完食する。

町中華の冷やし中華を楽しんだ。店内はやや暗め。クレンリネスも若干惜しい印象。

次回訪ねることがあれば王道の中華メニューを試してみたい。

松ふじ中華料理 / 熊野前駅宮ノ前駅赤土小学校前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2