玄庵 昌で田舎そばのランチを食べる@田端

2021年6月某日の11時過ぎに訪ねた。

田端駅を出て徒歩5,6分ほどの場所にある蕎麦店「田端 玄庵 昌」。

田端 玄庵 昌

それほど広くない店内には先客3名。

カウンター席に1人で座り、ランチセットの「田舎せいろ+ミニ天丼&小鉢」¥1,000を注文。普通のせいろと田舎せいろが選べるので、田舎せいろをチョイス。

10分ほど待って提供される。

田舎せいろ+ミニ天丼&小鉢 ¥1,000

太い粗挽きの田舎そばのせいろとミニ天丼、小鉢に入ったごぼうサラダの組み合わせ。せいろならば普通の二八そばにした方が良かったとこの時思う。

わさびを塗して田舎そばをつゆに浸して味わう。やはりゴワゴワとした食感の麺をつゆにつけて味わうと違和感がある。カエシが効きながらもアッサリとした味わいのつゆは良い味。

田舎せいろ+ミニ天丼&小鉢 ¥1,000 の田舎せいろの麺
田舎せいろ+ミニ天丼&小鉢 ¥1,000 の田舎せいろの薬味、つゆ

海老2本、ピーマン、オクラの天ぷらが盛り込まれた天丼も美味しく仕上がっている。油の切れが良く、軽く揚がった天ぷらと濃過ぎないつゆの味が非常に良い。

田舎せいろ+ミニ天丼&小鉢 ¥1,000 のミニ天丼

蕎麦よりも天丼の方が満足度が高い。小鉢料理のごぼうサラダを天丼と共に味わう。

田舎せいろの麺を食べ終わった後はそば湯をつゆに投入して〆る。ランチとして悪くは無かったが、蕎麦の選択を誤った。

次回ランチ時に訪ねる際には通常の蕎麦と一緒にミニ丼を楽しみたいと思う。

田端 玄庵 昌そば(蕎麦) / 田端駅赤土小学校前駅尾久駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4