酔心の和定食を遅いランチで食べる@東京

2021年5月のとある休日の14時過ぎに訪ねた。

東京駅から徒歩2,3分ほど。八重洲地下街にある和食の店「酔心 東京駅店」。

酔心 東京駅店

程好い広さの店内には先客無し。

テーブル席に1人で座り、ランチメニューから「和定食」¥950を注文。

7,8分ほど待って提供される。

和定食 ¥950

3種の刺身、鯖塩焼きにご飯、味噌汁、漬物、ヤクルトが付く定食。

刺身は大根のつまの上にマグロ、イカ、タコの3種の刺身が乗っている。量は控えめ。鮮度はそれなり。悪くは無いが、取り立てて美味しいという印象は無い。

和定食 ¥950 の刺身

鯖塩焼きは程好いサイズ感。焼き加減も良く、皮がパリッとして香ばしい。脂のノリも程好く、レモンを絞って大根おろしと共に味わう。ご飯のおかずには良い。

和定食 ¥950 の鯖塩焼き

ボリュームはそれほど無いが、良い塩梅の和定食を提供している。広々としたテーブル席でのんびり昼食が食べられる環境は嬉しい。

東京駅近くの地下街ということもあり、値段設定は全体的にやや高い印象。

安定した和定食を提供している海鮮居酒屋の「酔心」。非常に使い勝手の良い店ではある。

季彩膳 酔心 東京駅店割烹・小料理 / 東京駅京橋駅二重橋前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3