ビーフストロガノフは飲み物。でカレーのように食べる@池袋

2021年5月某日の11時過ぎに訪ねた。

池袋駅から徒歩5,6分ほどの場所にある「ビーフストロガノフは飲み物。 池袋店」。

ビーフストロガノフは飲み物。 池袋店

カレーは飲み物。を展開する会社のテストマーケティング店舗であろう。

狭い店内には先客無し。店内入り口の食券機で「白いビーフストロガノフ」¥990を選択。

白と黒のビーフストロガノフがあったが何がどう違うのか分からなかった。アナウンスがあると嬉しい。

カウンター席に座り食券を提示。

7,8分ほど待って料理が提供される。提供前に3種類の無料トッピングについて尋ねられるのでモスクワ風ポテトサラダ、ゆでたまご、フライドオニオンをリクエスト。

見た目になかなかインパクトのある「白いビーフストロガノフ」。ライス、少量のサラダ、トッピング3種が盛り込まれている。

白いビーフストロガノフ ¥990

サワークリームが乗ったビーフストロガノフは優しい味わい。牛肉、玉ネギがしっかりと感じられてクセの無い味。

もっと濃厚な味の方がライスと食べるには良いとは思う。ライスは風味が残念な印象。カレーではなく、ビーフストロガノフと合わせるライスならば質にこだわってもらいたい。

モスクワ風ポテトサラダはピンク色だが、やや酸味があって悪くない味。ゆでたまごはこの優しい味のビーフストロガノフに合わせるにはイマイチ。フライドオニオンはもうちょっと量を控えめにしてもらった方が良いと思った。

完食するのは中々つらいビーフストロガノフであった。卓上の粉チーズ、ハバネロソースを使って味を変えながら完食。

ライスと共に食べるならば、白ではなく黒のビーフストロガノフの方が良かったかもしれない。一度試してみるのは良いとは思うが、更なる進化を求めたい店でもあった。

ビーフストロガノフは飲み物。 池袋店洋食 / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0