桃園で満足出来る中華定食を味わう@鶯谷

2021年5月のとある休日の11時過ぎに訪ねた。

鶯谷駅から徒歩2,3分ほどの場所にある台湾料理の店「桃園」。

桃園

程好い広さの店内には先客5,6名。

テーブル席に1人で座り「スブタ定食」¥800を注文。

7,8分ほど待って提供される。

スブタ定食 ¥800

品数が多い定食。メインのスブタに麻婆豆腐、サラダ、ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐。何故かそこにオレンジジュースが付く。

スブタには豚肉がたっぷり入っている。個人的には玉ネギが多すぎるくらいのバランスが好みではあるが、この店は太っ腹だと感じる。酸味はそれほど強くなく、甘みを感じるスブタ。ご飯のおかずには良い。

スブタ定食 ¥800 のスブタ

ミニサイズの麻婆豆腐はそれほど辛さを感じない。餡のとろみが硬めの一品。日本人向けという感じでも無く、程好い味。

ライスのすすむおかずを食べつつ、アッサリとしたスープとザーサイを挟む。

スブタの豚肉、玉ネギ、ピーマン、ニンジンの食べる配分を気にしながら味わう。満足のボリューム。

デザートまで食べるとかなりの満腹感がある。

味と量を鑑みて、800円という値段はかなりお得。駅から近くて満足出来る中華ランチが味わえる「桃園」であった。

台湾料理 桃園台湾料理 / 鶯谷駅入谷駅日暮里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3