たまに食べたくなるなぜ蕎麦にラー油を入れるのか。のジャンクなつけそば@末広町

2021年4月某日の11時過ぎに訪ねた。

末広町駅から徒歩2,3分ほどの場所にある「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原2号店」。

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原2号店

それほど広くない店内には先客3名。

食券機で「とろろ鶏そば(中)」¥950を選択。

アクリル板で仕切られたカウンター席に座り食券を提示。

5分と経たずに提供される。

とろろ鶏そば(中) ¥950

ネギ、胡麻、刻み海苔がたっぷり盛られた蕎麦ととろろと鶏肉が入ったつけ汁の組み合わせ。

とろろ鶏そば(中) ¥950 の麺

見るからにジャンクなつけそば。海苔の山から蕎麦を引っ張り出し、つけ汁に潜らせて食べる。

とろろ鶏そば(中) ¥950 のつけ汁

噛み応えのある麺と濃いめのつけ汁の組み合わせが良い。とろろも良い存在感。鶏肉も程好いサイズで食べ応えがある。

クセになる味わいのつけそばをガシガシと食べる。

麺を半分ほど食べたところで、無料で利用出来る生玉子を使用。つけ汁には入れずに麺に絡ませてつけ汁と共に味わう。マイルドになったとろろ鶏そばも堪らない味わい。

ボリュームのあるつけそばを食べ切った後には、つけ汁に魚粉と蕎麦湯を投入する。つけ汁を最後まで堪能。

定期的に食べたくなる「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」の蕎麦。ジャンクな味とボリュームに満足。また来ることになるだろう。

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 秋葉原2号店そば(蕎麦) / 末広町駅秋葉原駅湯島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4