ちえちゃんラーメンでコクと脂の強い中華そばを食べる@神田

2021年3月某日の11時過ぎに訪ねた。

神田駅を出てすぐの場所にある「ちえちゃんラーメン」。

ちえちゃんラーメン

店外の食券機で「中華そば(並)」¥850+「茹で卵スライス」¥100を選択。

それほど広くない店内は8割方客で埋まっていた。

カウンター席に1人で座り食券を提示。

7,8分ほど待って提供される。

中華そば(並) ¥850 + 茹で卵スライス ¥100

器の縁ギリギリまでスープが入った中華そば。

チャーシュー、メンマ、玉子、ネギが具材として入っている。

スープを味わってみると、鶏ガラの効いた郷愁の中華そばの味わい。ただし、コクがかなり強く、脂っぽさを感じる。

程好い太さの麺とスープを食べる。バランスは非常に良い。

とろけるようなチャーシューが特徴的ではある。

卓上の刻みニンニクを投入してコクを出して味わうのも良い。

また、スープは塩気が強いので、酢を入れて中和させても良い。ただ、それでも脂っぽさは感じる。

ラーメンとしての完成度は非常に高い「ちえちゃんラーメン」の中華そば。味における好みは分かれるとは思う。

ボリュームはそれなりにあるものの、値段設定は若干高い印象。

凪グループの業態転換で誕生している中華そばの店舗だが、オフィシャルにはしていないようで謎の部分がある「ちえちゃんラーメン」。中毒性のある味であることは確か。

ちえちゃんラーメンラーメン / 神田駅新日本橋駅淡路町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4