釜めし春で夕食を食べる@京成上野

2021年3月のとある土曜日の18時過ぎに訪ねた。

京成上野駅から徒歩2,3分ほどの場所にある「釜めし春 上野店」。

釜めし春 上野店

思ったよりも広い店内は3割程度客で埋まっていた。

テーブル席に1人で座る。

とりあえず「瓶ビール(アサヒ)」¥670を注文。ビールで喉を潤し、食事を注文する。

瓶ビール(アサヒ) ¥670

先に釜めしに付く漬物がやって来る。食べて待つのか不明であったので、釜めしがやって来るまで放置した。

かき釜めし ¥1,150に付く漬物

ぬた ¥880:注文してから15分ほど待って提供されるぬた。さすがに待たせ過ぎだとは感じた。鮪、ネギを味噌で合わせて刻み海苔を振りかけたもの。素材の良さを感じられる抜群に美味しいぬたであった。特に鮪のクオリティが半端ない。刺身で食べても美味しい良質の鮪に味噌を絡めて食べると素晴らしい味であった。

ぬた ¥880

かき釜めし ¥1,150:大ぶりの牡蠣と椎茸、三つ葉が入ったかき釜めし。優しい味わいで仄かに牡蠣の香りがする。米には若干硬さが残っているようには感じるものの、程好い味付けで最後まで美味しく食べられる。牡蠣の量と質を考えると値段はそれほど高くないと思う。

かき釜めし ¥1,150

つまみのメニューは全体的に値段が高いと感じたが、味はちゃんと美味しい。

座敷席などもあって、雰囲気の良い釜めしの店。つまみも程好く提供しているので、使い勝手は良いと思う。

釜めし春 上野店釜飯 / 京成上野駅上野御徒町駅上野広小路駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3