神田まつやで季節メニューを満喫する@淡路町

2021年3月某日の11時過ぎに訪ねた。

淡路町駅から徒歩2,3分ほどの場所にある老舗蕎麦店「神田まつや 本店」。

神田まつや 本店

歴史を感じる店内は7割方客で埋まっていた。

テーブル席に1人で座る。

メニューを眺め、季節メニューである「なめこせいろ」¥1,200を注文。

10分ほど待って提供される。

なめこせいろ ¥1,200

柚子、青菜と共に形の良いなめこが入ったつゆと程好い色と細さの蕎麦、刻みネギの組み合わせ。

麺を少量取ってつゆに潜らせて食べると、ちょうど良い味がそこにあった。濃さが絶妙。歴史を感じる蕎麦とつゆの相性。

なめこへの熱の入り加減も良いので食感が心地好い。噛み応えのあるなめこを楽しむ。

なめこせいろ ¥1,200 のつゆ

蕎麦自体の美味しさも際立っている。香りはそれほど高くないが、蕎麦の心地好い風味はある。スッキリとしながらも味わい深い蕎麦を満喫。

なめこせいろ ¥1,200 の麺

柚子の仄かな香りを感じつ、なめこせいろを堪能。

最後はそば湯でつゆを味わう。ここ最近食べた蕎麦の中で最もクオリティの高いものであった。

流石、名店のクオリティ。昼の早い時間であったが、店内はいつの間にか満席で、客の並びが店外に出来ていた。接客も気が利いていて抜群のホスピタリティがある。

次回は酒を飲みながら蕎麦を手繰りたい。江戸の風情を感じながらまったりするには最高の名店であった。

神田まつや 本店そば(蕎麦) / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅
昼総合点★★★★☆ 4.1